2012年05月18日

大音量でも歪まないアナログリミッター

小さいながらも、本体はアルミ製のガッシリ体型

「歌ってみました」デビューには
もってこいのインターフェースTEAC UD-125Mは
大音量でも歪まないアナログリミッターを搭載している。

003.jpg

アナウンスなど音量差の大きい音源のときは、
どうしても大きめのレベル設定をするものだが、
TEAC US-125Mなら、このような場合でも
アナログリミッター回路が搭載されているから、
スイッチをONにするだけのかんたん設定で、
過大入力を自動的に抑えることができる。

なんて至れり尽せりのオーディオインターフェースなのだろう!


まずは商品をチェックしてみよう。

■TEAC US-125Mのご購入はこちらをクリック■

//////////////////////////////////////
自宅にいながらスポーツジムの効果を
 そろそろ始めませんか?メタボ対策
STEM-AM エクサボディの腹筋ベルトセット購入ナビ
 エクサボディの腹筋ベルトセットは、体を動かさずにできるEMSエクササイズ

posted by TEAC US-125M at 09:00| TEAC US-125Mの特徴 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。